Sweetie

Everyday is special

0032

恋愛

脱セックスレス!夫婦のセックスレスを解消する2つの方法

世界で見ても少なすぎる?日本のセックス事情

se1

最近取り上げられている「セックスレス」の夫婦が話題となっています。
あるデータによると、日本は世界でも最下位に近い程、1年間のセックスの数は少なく、また10年前比べても、約1割程減少している事が発表されています。
ここで、「なぜセックスレスになってしまったのか?」という質問を男女別にアンケートした結果、男性は「仕事が忙しい」という理由が、また女性は「子育てが忙しい」という理由が主に挙げられています。
これは理由の一つにしかなりませんが、この理由だけを見ても、お互いに接点、要するにお互いがコミュニケーションを積極的に取ろうとする時間を失い、逆に生活のためにしなければならないことを最優先して、すれ違いの時間が増えている傾向があるといっても過言ではないと思います。

ですが、これはあくまでセックスの頻度に対する統計であり、本来セックスレスという概念は心理的に「パートナーのどちらかがセックスを望んでいるのに、長時間できないでいる」事が問題であり、すれ違いも物理的な距離によるすれ違いではなく、心のすれ違いによることが大きな問題となっていると思います。

なぜセックスレスになってしまうの?

se3

すれ違いの時間が増えてくると、お互いの苦労や不満などが溜まってしまい、相手に嫌悪感が出てきます。その嫌悪感がネガティブ感情となって積み重なってしまい、肌の触れ合いを避けようとするものです。「昔は素敵だったのに」という気持ちにもなってしまいますが、それはお互いに親しくなり過ぎた緊張感の欠如が原因です。

例えば、子供ができると夫婦は「家族」になりすぎてしまい、お互いの事を「お父さん」「お母さん」と呼び合うことが当たり前のようになっていきます。

このような部分から緊張感の欠如が始まってしまうのです。

セックスレスを解消するための心がけたいこと

0032

お互いを名前で呼び合う

もしお互いの事を「お父さん」「お母さん」と呼んでいるならば、その呼び方から相手の名前で呼ぶように変えていきましょう。

相手の名前で呼び合う事で、お互いに「家族」の絆はもちろんの事、その上で「夫婦」という「男女関係」の意識が高まります。

例えば結婚前に呼んでいたあだ名で相手を呼んでみる事で、異性としての欠如していた緊張感が復活し、お互いの性本能を呼び覚ます一つと言えます。

2人だけの時間を定期的に作ってコミュニケーションを図る

結婚前の時は、お互いの信頼関係を築いていくために、様々な努力をしたと思います。
デートに行って楽しんだり、お互いの好意的な感情を言葉にして相手に伝えてみたりしては、お互いの存在の大切さや心の距離を縮める努力をしていたと思います。

その状態を月に1回でも良いので、2人きりの時間を作り、デートをしたりあるいは、気持ちを言葉にして伝える事を行いましょう。

そうすることで、普段の生活の中で見失っていた相手への想いや男女である緊張感が高まっていきます。

それらを繰り返すことにより、結婚前の恋愛時に感じていた適度な距離感と緊張感を持たせていく事で、より相手の存在の大切さを再認識し、セックスレスが解消される糸口へと繋がります。

結婚して生まれる「家族」。でもその家族の絆を強めていくには、まず夫婦間の絆を強めることが大切であり、その絆の強さが子供にも良い影響を与えていく事となります。

 

セックスは夫婦の絆を深める役割も

oow
その絆を強めるためにも必要なことが、肌の触れ合いであるセックスでもあるのです。

時には会話のコミュニケーションの中に、夫婦間でのセックスについての話もできるように、まずは夫婦になる以前に感じていた恋人関係の時の気持ちを思い出すように心がけることで、仲の良い夫婦関係を継続させることができると言えるでしょう。

●ライター/水沢 真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-恋愛
-,